切手買取NAVI

不要になった切手の処分方法

切手

 

切手を収集していて、その後その収集に飽きてそのままになっており、家に大量にあるという人は意外と多くいるはずです。
また親が集めていて亡くなり遺品として家にある人もいるかもしれません。
もちろん切手ですから、その額面通り郵便物に貼って利用する事が出来ます。
しかし、現在では携帯電話が普及して、郵便を出す機会も減っています。

 

また切手の中には、希少価値の高い物もありコレクターなどが集めている物があります。
業者に買取ってもらえば、中には高値で買取ってもらえる物もあります。
額面より高額で業者が買ってくれるのは、記念に販売された物やプレミアムが付いている物です。
プレミアムが付いている物は、未使用でなくても使用済みでも買ってもらう事が出来ます。
とくに昭和30年以前の物は、高値が付く事が多くあるようです。

 

もし家にあり置いたままになっているのなら、業者に買取してもらった方がお金にする事が出来ます。

切手によっては高価買取が期待できる!

また家に置いたままにしているよりも、大切にしてくれる新たな持ち主の所に行った方がいいかも知れません。
以前は店頭に持ち込んで買ってもらうのが、ほとんどでしたが最近ではインターネットが普及してネットの業者になり買取の方法も宅配買取とういう方法が増えています。
宅配の場合には、申込を行なえば多くの業者が宅配キットと呼ばれる段ボールを用意して事前に送ってくれます。
また送料もほとんどの業者が無料で送る事が出来ます。
売る側は、送って査定の結果を待つだけになります。
査定の結果は、電話かメールで連絡がありその金額で納得すれば、指定の口座にお金が振り込まれます。

 

大量にあれば出張して来て査定をしてくれる出張買取といった方法もあります。

 

このように買ってもらう方法はいろいろあり、その業者も多くあります。
業者の中には、悪徳業者と呼ばれる業者もいるので、利用する際にはその業者の実績や実際に利用した人の口コミなどを参考にしてどこを利用するかを決めた方が安心です。

 

 

切手買取の店選びにはこちらのサイトが口コミや評判をまとめられていて、非常に参考になります。
切手を売る際のお役立ちサイト

切手の買取方法の選び方

昔の趣味でコレクションをしていたものの、いつしかその情熱を失いやがて倉庫や戸棚の奥底へと仕舞い込まれる事となった古い切手の数々。
何かしらのきっかけで運良く再び目に留まる機会もあるのでしょうが、もはや興味を失ってしまった自分には、もはやそれらの本当の価値や正確な評価というものが分からず、最悪の場合そのまま破棄・処分されてしまう可能性もあるものです。

 

少なくともかつては情熱を込めて集めていた切手達ですから、多少は手間が掛かってもしっかりと査定を受けて正しい評価だけでも知りたいもの。
もしかしたらその手間の甲斐もあって思わぬ高額査定を受け、ビックリする様な金額で買取してもらえる可能性も無きにしもあらず、なのです。

 

先ずはコレクションしていた切手がしっかりと台紙内に保存されている事を確認した上で、それらを専門に扱う買取業者にコンタクトを取り、最善の査定方法を決めてもらう事が大切です。

 

今や大抵のジャンルの中古買取業者が在宅あるいは出張における買取査定サービスを行っているものですが、もちろん中古切手の買取業者もそのサービスを導入しています。
一つ大きな利点として挙げられるのは切手の持つコンパクトさと軽さ。
直接それらの業者に持ち込むにも荷物として全く嵩張る事がありませんし、宅配便として業者に配送する際も梱包が大変楽で苦労要らずなのです。

 

もちろん切手自体大変デリケートなアイテムですから、かつて慎重に扱っていた頃の注意は必要ですが、これさえも出張査定・買取サービスを利用すれば全く心配要らないのです。

 

また出張査定・買取サービスを利用すれば、その代金の支払いまでその場で行ってもらえますから大変便利で、大量の古切手を一気に処分する一方すぐにお金に換えたいという贅沢な要望に確実に応えられるのです。

 

この様に古切手の査定や買取の方法は幾つかの便利な方法がありますが、自宅と買取業者との距離や交通の便、そして取引に掛かるであろう日数を想定しベストな方法を選びたいものです。

切手買取について

切手を購入したけど、メールやLINEでやり取りしているから、もうあまり使う機会がないってことも頻繁にあります。
いつか使う機会があるだろうとそのまま残しておいても良いですが、コレクションしていたり以前に事業をしていて大量に余っているなど、殆ど持っていても意味がないような場合には、買取を依頼するのが賢い方法でしょう。

 

不要になった切手の買取はそんなに難しいことではありません。駅前などにある金券ショップや、インターネットの専門業者に依頼するだけで売れるからです。
「金券ショップは何となく利用しにくい…」と思うなら、インターネットの利用がおすすめです。

 

対面で取引するわけではないですし、話をする必要もありませんから、誰でも気軽に利用できるでしょう。
売るならできるだけ高額で!と考えるところです。
高く切手を買取ってもらうには、シート状のものを持ち込むというコツがあります。
バラの状態のものは少し相場が下がってしまい、シート状のものが90%以上で売れる一方で、バラだと70%くらいの水準まで下がってしまいます。
ただ、もう使う機会がない状態であれば残しておいてもお金に変わるわけではありませんから、価格が安くてもさっさと売ってしまうのが得策だといえます。

 

記念用のものであれば、90%くらいで売れるのが一般的です。
意外にも一般的なものの方が需要があり、高く売れるようになっているのがポイントでしょう。記念用もシート状のものが良い価格がつく仕組みになっています。
最も高く売れる可能性が高いのが、レアなものです。
郵便物の送料に使ったり、他の支払いに使うためのものというよりは、愛好家が自分のコレクションにするために、どんなに高くても入手したいと望むのが高く売れる理由の一つとしてあります。
「見返り美人」や「月に雁」といったものであれば、本来の額面よりも遥かにプレミア価格がつくチャンスを持っています。
状態の良いものであることも大切です。印刷が剥げていたり、糊付け面が汚い、破れているものだと価値が大幅に下がってしまいますので気を付けましょう。